パルとパルママのほのぼの日記

コーイケルホンディエ犬『パル』の成長日記です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋季訓練競技会

競技会に思うこと

PICT1655.jpg

パルは11月7日に2009秋季訓練競技大会に参加してきました。
会場は江戸川区河川公園で開かれました。



その日は朝からアップロードファイル良い天気の一日となり、数日前までの寒さに比べ穏やかな過ごしやすい日となりました。何日か前から楽しみにしていた私は旅行のときのようなわくわくした気分で支度をし、カメラマン 絵文字名を入力してください にパルオネエをお願いして一緒に車 くるまで向かいました。

パルは今回で競技会3回目の出場です。
初回と2回目はCDⅠというクラスに出場しました。2回とも三席をいただき、
今回はCDⅡというクラスに挑戦しようということになりました。
課題が5から10個に増えます。


PICT1582.jpg

開場に着くとたくさんのワンコムックちん nana ゴールデンレトリーバーガいました。
そろそろ始まる時間ということで、競技が行われるサークルのそばで練習をしています。
どのワンコも賢く、指導手さんの言うことをきいて動いていました。
パルの出番を確認すると終わり頃ということで会場内を見学をすることにしました。


大きい犬種、小さい犬種、それぞれの魅力があり、存在をアピールしています。
大きい犬種はゆるやかな動きで落ち着きと迫力を感じます。

PICT1586.jpg

そして、小さい犬種はなにしろかわいいです。
ちょこちょこ指導手さんの後からついていく姿には思わず可愛いという言葉がでてしまいます。小さいながらも、お座りや伏せなどきちんとこなしています。

PICT1587.jpg

                   PICT1593.jpg

          PICT1599.jpg


パルの出場の緊張も忘れ、たくさんのワンコの競技にすっかり見とれてしまいました。
どのワンコも指導手さんを見上げ、信頼関係が感じられます。
パルはできるのかなとパルオネエと話していると、遠くにパルの姿発見、

PICT1604.jpg


パルの順番がきていたのです。
のんびりしていた私たちは大変だ急げと走り始めました。
ところが、広い会場なので私たちが向かう途中で、もうパルは競技サークル内に入り競技が始まりました。ようやく到着した頃はひも付きでの歩きが終わる頃でした。

ハーハー言いながら撮影開始、緊張よりも息切れしながらの見学スタートとなりました。
指導手さんの脇を歩く/成功、指導手さんの脇を走る/成功、指導手さんの脇に座る/成功、座らせて待たせ呼び寄せる/とても元気に走って来て成功、その場に伏せ/成功、その場で立って/成功、

PICT1637.jpg

                    PICT1634_20091108141333.jpg

PICT1624.jpg


この辺まではなかなか良い出来、
パルやるじゃん!という感じだったのですが、

顔-ぎゅ 指導手さんと一緒に歩いて途中で伏せ、そのまま待つところで、伏せまでは成功したものの、指導手さんが戻ってくるまで待たなければいけないのに、指導手さんが振り返ったところで喜んで指導手さんの所に行ってしまった。ママ推測=呼ばれたかと思ってしまったのね。
わぁ!! 歩いていって途中で座れで待つ、動かないで待ってはいたものの座らないで立っていた。指導手さんが振り返ってあれっという顔をしたのが笑えました。ママ、オネエに解説=座れより立って待つほうが難しいよ。立って待っているからすごい。オネエ反論=母さんパルひいきし過ぎ。訓練士さん終了後の談=立って待たせたことなかったのにね、振り返ってびっくり。

その後の、ダンベル咥えて歩く、同じくダンベルを投げたのを取ってくる/とても嬉しそうに全速力で走っていって戻ってきて/成功
まわれ三回/成功。

PICT1641.jpg


以上で競技課題は終了と振り向いた時、パルの目線 → に大好きなダンベルが映ったらしくダンベル目掛け走り出す。これには訓練士さんもびっくりでした。あわてて制止して審査員さんに挨拶して本当に終了。

失敗もたくさんあったけど、なんかパルらしい失敗で笑えるねわーいという競技内容でした。
みんなの顔に笑顔がありました。
パルも何事もなかったかのようにルンルンです。
点数は89.8点でした。CDⅡという課題をクリヤーするには長い道のりのようです。
でも、パル、楽しく参加できて良かったね。オネエは他の犬を盛んに褒めていたけど、私はパルも結構いけていたんじゃないかなと確信しています。


パルは普段びびり性が強いのに、こういう競技会ではおどおどした様子は見せません。
とても楽しそうに動きます。特に指導手さんと一緒に歩いているときや走って付いていくときは、胸をはり、尻尾を上げてゆらゆら揺らしながらにこにこしていそうなよい顔で元気に歩きます。
審査員さんにも毎回「表情が良い、元気がある」とその点は評価が良く褒められるようです。
競技会への参加からパルの性格の意外性を発見することができました。
パルは瞬間的のびびり面があるにしろ、本来は明るく陽気な性格のほうが強いようです。
物事にそんなにこだわらず、神経質ではなさそうです。ということは、慎重さ、落ち着きさに欠けますが元気ワンということで良し 合格 とします。

パルの得意な歩き
PICT1631.jpg
  パル「一緒に歩くのはお散歩みたいで楽しいね。しっぽのゆらゆらかっこいいですか?」

PICT1619.jpg
           パル「かけっこでついていきますよ」

                        PICT1613.jpg



パルに訓練をお願いした目的は臆病を直し社会性をつけるということでした。
お願いした当時は競技会にはまったく興味が無く、かえってそういう目的で訓練を受けるのはかわいそうかなと私自身は思っていました。
訓練士さんから競技会の話しを受けたときは、競技会に否定的だった私はどうしようか迷いました。
それでは、どういうものか試しに参加してみようということで最初の競技会に申し込みました。
パルが恐怖を示すようであれば止めようと思いました。
でも初回のときからパルは不安を見せず参加できました。楽しく歩く姿を見て、出来不出来にとらわれ過ぎなければこういう経験も良いのかなと思いました。今回、パルが失敗しても残念というより楽しませてもらったなと良い余韻を持って帰途に着きました。これからも、パルの出来る範囲で競技会を楽しんでいきたいと思います。
訓練で得たものが日常の生活においても生かせて、人との関わりの手助けになればそれが一番良いのかな思います。


今日の課題を上手にクリヤーしたワンコです。

理事長賞候補

PICT1673.jpg


              総務大臣賞候補   
            PICT1684.jpg
   『 とても落ち着いていました。すごい。』

            賞をとったのはフラットコーテットレトリバー君です。


            

うさぎうさぎちゃん情報

訓練士さんがうさぎちゃん(シェパードのパピー)を会場に連れてきました。
とても大きくなりました、もうすぐ、5ヶ月です。
パルより大きくなってしまったかな?
まだまだ遊びも大好きです。                  
                  PICT1663.jpg

PICT1666.jpg

しかし、5ヶ月とは思えない落ち着きと風貌があります。(パルよりお姉さんみたい
人間大好きでとてもかわいいです。
お座りも上手になりました。

         PICT1658.jpg

遊び好きパルはうさぎちゃんに追いかけられ、走り回っているようです。

スポンサーサイト

COMMENT

●No title

いよいよCDⅡですか。
あのややこしいプログラムをこなすだけでも尊敬してしまいます。
前回拝見したときも感じたのですが、パル君の行進は実に活き活きとしています。
本番に強いタイプなのかな。
案外、肝が太いのかもね。頼もしいです。

リーフもドッグスクールに通い始めました(まだ3回目ですが)。
通ってみると、まだまだ犬の気持ちがわかってね~な、と思うことがしばしばです。
オリンピックではありませんが過程が大事なんでしょうね。
ずっと先のことだし、リーフしだいですが、できれば私も競技会に参加してみたいと思い始めています。

●うらやましい~

パル君…とても綺麗に脚即行進していますね。
めいぷるは、小技はそこそこできるのですが
基本が今ひとつv-13なのです。
元々、指符を使って教えているので、なかなか声符だけ動いてくれません。
JKCでは、一声符だけで指導手は、直立姿勢が原則なので、減点されちゃうのです。(PDでは、指符OKなのでまだマシなのですが…)
それも、一度でできればまだまし(x_x)
時には、二声符になって更に減点対象に…

めいぷるも、パル君の様に綺麗な脚即ができるように頑張らないとv-91いけないのですが…難しいです
次回の競技会では、パル君の様な脚即行進目指して頑張りますねv-218

パル君は、黒シェパのうさぎちゃんと遊ぶのですか?
めいぷるは、お友達のお家に半年年下の黒シェパちゃんが居るのですが
小さい頃は遊んでいたのに、大きくなったら怖がって遊んでくれません。
一緒に遊んでくれたら可愛いのにv-9

●No title

パル君、さすがですねぇ!
優雅にふっさり尻尾を揺らして歩いてる姿はほんとにかっこいいです!
ほんとは↓の記事を読んで、「パル君の応援に行きたいねっ!」
って言っていたんですけど、ロイたんがパラボラ犬だったので、今度の
機会に行こう!って言ってたんですよぉ。

パル君はほんとにルンルンって感じに歩いてるのが、とても
競技会という雰囲気でなくっていいですねぇ。
全て一度の指示をちゃんと聞いてるんですよねぇ。
一度の指示で言うことを聞かせるなんてロイたんはまだまだできません・・・。
毎日の練習が大事なんですよねぇ。
パル君はおうちでも色々と訓練をしたりしてるんですかぁ???

●リーフ父さん

まだまだ素人の私は競技会についてあまり知らないのですが、
CDⅡは課題を10個、規定と自由選択で選んで行うようです。

パルは日常とっても臆病なのに、
ああいう場所ではびびらないのが不思議です。
審査員さんがうろうろしていてもあまり気にしません。
(家でだったら知らない人がうろうろしていたら、振り返り振り返り歩きます)
コイケルがそんな犬種なのかもしれませんね。
2歳になると落ち着くことを期待していましたが、
落ち着きはいまいちですが、なんとなくいろんなことを理解してきたかなと思います。
リーフちゃんはいろんなことに興味があり、この先楽しみですね。

●めいぷるママさん

ママさんが訓練をしているのですね。すごいですね。
競技をしている姿をみると人と犬の信頼関係の強さを感じますね。
ふだん可愛がってくれる飼い主さんが指導手だったら、
ワンちゃんも喜んでついていくのではないでしょうか。
指導手さんを見上げて歩く姿、可愛いなと思います。

私と散歩の時のパルは、前方のみ見て歩きます。
ときどき、名前を呼んで無理に見上げてもらうのですが・・
なんの用事??という感じです。 
競技と散歩の違いを理解しているのでしょうね。

黒シェパは訓練士さんの犬です。
上手に遊ぶというより、
パルが走り回るのにうさぎちゃんが追いかけるという感じで
追いかけっこをしているようです。まだまだ幼いパルです。


●NOELEOさん

江戸川の河川敷で行われました。
近くだったら、ワンコ連れでの散歩にも良い場所かなと思える広い場所でした。
競技会のパルは 【歩く】【走る】 だけはカッコいいかなと思います。
しっぽをユラユラさせるところが私も好きです。
でも、普段のときのパルはいろんなものに興味をもってキョロキョロしながら歩きます。
後から、ジョキングの方が追いついてきたりすると大変です。
「大丈夫よ」と言っても、おかしいくらい何回も振り向きます。
競技会でびびらないのがとっても不思議なんですよ。
そんな散歩の毎日で、家ではあんまり訓練はしていません。

私としては、呼んだ時にいつでもどこでも戻ってくれることができれば、
言うことなしv-218!なのですが、まだまだです。
ロングリードで頑張りたいと思います。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パルmama

Author:パルmama
田舎町で元気なパルに毎日癒されているママです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

パルママのお部屋カウンター

ご訪問ありがとうございます♪

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。