パルとパルママのほのぼの日記

コーイケルホンディエ犬『パル』の成長日記です!

大自然浪漫の旅④(アフリカの花編)

カーステンボッシュ国立植物園に行きました。

ちょっと残念だったのは、
(勝手に思っていただけですが、)山の斜面とか自然の姿のままの花園と思っていたのが、
きれいに整備された植物園でした。
だからこそ、アフリカ原種の花をたくさん見られたと考えると、それも嬉しいことです。

場所は山に囲まれた自然の中、花が咲く立地条件は良さそうです。

11公園

5_20120904213732.jpg

page_20120904213813.jpg


ガイドさんがひとつひとつ花の名前と共に説明してくれたのですが、、、覚えきれない。


南アフリカの花特有のプロテアの花もいろいろ咲いていました。
一番大きな花、キングプロテア(南アフリカ国花)が咲いていたのは嬉しかったですね。

1_20120904213733.jpg

18.jpg


大きさを比べるために私が並びました。

10花


ゴクラクチョウカ、日本にもありますね。原産国はアフリカ。
8_20120904213814.jpg


4_20120904213732.jpg


ほろほろちょうも散歩中。

6_20120904213732.jpg


置物ではなく、本当の鳥です。

19鳥


鳥類も多い。

15鳥

3_20120904213732.jpg


春がやってきています。木々も芽吹きの季節。
なんと広い公園でしょ。散歩気分で歩いてもかなりの運動になりそう。

13芽吹き

14.jpg


9.jpg
園内に咲いている花が展示されていました。
今は花の季節。
たくさんの種類の花を見て、アフリカ気分満喫です。

もう少し離れた地域に自然のお花畑があるそうです。
また、違った雰囲気なのでしょう。
そこへも行きたかったな。


16赤ちゃん
出口にあったモニュメント、赤ちゃんを抱いている姿がかわいい。



丸一日のケープタウン半島観光をして
ケープタウンの町に戻る頃は夕方となっていました。



《やっと、犬情報》

戻る途中で立ち寄った

22.jpg

2010年ワールドカップメインスタジアムの駐車場でやっと出会えたわんちゃん、
スタジアムそっちのけでワンちゃん観察。
可愛かった、何犬かな?
あまりにも自由に歩いているので飼い主いないのかしらと思うも、
やはり一緒にいた人のところに戻ってきたので一安心。

17犬




次の日、朝早くホテルを出てケープタウン空港に向かいました。
りっぱなケープタウン空港は、2010年ワールドカップの時にできたそうです。
ワールドカップを契機に大きなお店が出来たり、ケープタウンの町はかなり活性化されてきたようです。


オランダやイギリスの植民地であったことから、お洒落な家並みがある反面、

47家

一部の黒人の方々の生活は貧しく貧富の差は大きいです。
人種差別政策としてのアパルトヘイトが終焉したとはいえ、
難しい問題がたくさんあるようです。貧困と失業。
(道路に立っている黒人の方をよく見かけました。その日の仕事を求めて待っていて、
人手を必要としている人が車で乗せて行くのだそうです。
運よく、ひろってもらえればその日の賃金がいただけるということ。)

48家


早朝に空港に向かう道路脇にも黒人の方が住んでいる黒人居住区がありました。
20黒人家

街灯はあるが家の中には電気はない掘っ立て小屋。冬の寒さは厳しい。
今、国の政策として(無料で)黒人の方に(電気のある)家を作って提供し始めているそうです。


貧富の差を解消していくことがこれからの南アフリカの課題でしょうね。
でも、以前はほとんど白人だったケープタウンの大学に、
今では黒人の方の入学率も半分以上になってきているようです。

20年後に期待したいと案内役のけい子さん(ケープタウン在住20年の日本人の方)が言っていました。


21月

同じ月を眺める世の中にも
いろいろな生き方をしている方々がいることを感じた旅でもありました。
20年後、50年後のアフリカはどうなっているのでしょうね。

そういえば、日本だって50~60年前は電化製品なかったし、
定職がなくて、日々仕事を探していた人も結構いましたね。


=貧困のアフリカの姿で不思議に思ったこと=

 東南アジアとか南米ペルーとかに行ったときは、物売りの攻撃がすごいです。
 特に、子ども達にその役をさせている大人の方を目にしてきました。
 アフリカには路上での物売りが全然いなかった。
 お金がなくてもそれなりに生活すれば良いという考えなのでしょうか。
 観光客も少ないからかな?治安は悪いらしいですが、物売りがいなかったのが
 不思議でした。                
                             

スポンサーサイト

COMMENT

●NO TITLE

壮大なアフリカへの旅♪楽しませていただきました(^^。

興味深いアフリカなれど、分離不安エルさんなので長期お預けもできず涙・・・
海外旅行へ行ける日は来るのか?なワタクシ・・・
しっかりたのしく拝見いたしました(^^。

お花も、アフリカですとお花とホントだいなみっくですねぇ~。
しっかりお留守番のパル君もお疲れさまでした(^^*

●エルマさん

出かけられるようになったのはこの年になってからですよ。
エルマさんあと10年してからかな(笑)。

エルマさん命のエルちゃん可愛いですものね。
パルは寂しいと言うか、都合がよいと言うか、
私でなくても平気です。
訓練士の先生andわんちゃんたちには特に馴れているので安心です。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パルmama

Author:パルmama
田舎町で元気なパルに毎日癒されているママです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

パルママのお部屋カウンター

ご訪問ありがとうございます♪

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード