パルとパルママのほのぼの日記

コーイケルホンディエ犬『パル』の成長日記です!

夏休み  第2章

おかえり

今回もパルはお留守番。  訓練士の先生宅に3泊のお泊り。
4日目は昼間に戻っていて、夜帰ってきた私を迎えてくれました。

        荷物

ごめんなさい、パルへのお土産はないです。


前から行ってみたいと思っていた
             越中おわら風の盆
行きたいなぁ~というと、みゅうさんが快く付き合ってくれることに。
今回は私が計画、久しぶりに時刻表など見てみどりの窓口に行ってみたり。
人気の場所ということで、新幹線の指定席も発売日になくなってしまいます。

どうにか、
上野から越後湯沢までの新幹線、
越後湯沢から富山までの特急はくたか
の切符を手に入れ、準備。楽しみ楽しみ

ところが、出発間じかになって、みゅうさんの他にありがたくない同行者が出てきました。
せっかく、楽しみにしていたのになぁ~、、、、、、

 台風12号・・・・

当初、出発日には(9月2日)関東の東を太平洋海岸に抜けそうだったので安心していると、
だんだん西に進路を変えていき、はらはらの出発となりました。

とにかく、宿も予約したことだし行きましょう。
(風の盆は雨が少しでも降ったら中止となるそう)


富山から八尾に向かい、八尾で下車。
大変な人出と聞いていたのに駅を降りると閑散としていました。

ポスター

駅前の町並みも片田舎と言う感じで、有名な所という感じはしないのですが・・・・
(私達が着いたのはお昼、どうやら早すぎたようです)
歩いていくとだんだん雰囲気がでてきました。


町並み

古い町並を演出、お土産やさんだけでなく、
銀行もアパートも病院も統一された建物に。
お祭りの背景が見えてきました。


準備を始めている地元の人々にも出会うようになり、うきうき
大勢の観光客を迎えるため警察官も大勢出動、ごくろうさまです。

準備

台風の心配も忘れかけさせてくれるような雰囲気となりました。

私とみゅうさんは長い夜に備えて宿で一休み。
風の盆は夜明けまで踊りが続くそうです。
そして、観光客が去った夜更けからが(深夜1時過ぎ、2時~3時)風情のある光景なのだそうです。
みゅうさんとそこまで見ようねとはりきっていた私達でした。

そして、日が暮れてから町に出かけていきました。
ちょうちんの灯りがとてもきれい。


       町へ2

観光客も増えてきました。バスの団体さんも多いようです。

夜


7時から9時までは
小学校の校庭に臨時に設置されている舞台で行われる各町内の発表を見ました。
これが見ごたえがありました。


舞台

ときどき小雨が降りだし、、、心配
どうにかもってください、祈るような気持ちです。
今日は5町内の発表が予定されていました。

どの町内の方々も一生懸命で、とても上手です。
老若男女一緒に一つのことをする姿がすばらしい
中止されることなく、予定の発表を見せていただきました。よかったね。

本来の町内での流しを見ようと、町に足を運ぶ頃にはまたもやちらちら雨。

おわらは三味線と胡弓を奏でます。
雨に濡らすと楽器が壊れてしまうのだそうです。
皆さん、ビニールに包んで楽器を大事に抱えていました。

その為、雨のときは戸外でできなくなるのだそうです。
各町内、集合する公民館があるので、
公民館の前で(雨が降ったらすぐ退避できるよう)見せてくれました。

踊り

公民館の中でも、

  踊り内

本来、見せるための踊りではなく、
風の盆と言うぐらいなので、
台風がこないよう作物の豊作を願った人々の願いを踊りにしたものなのでしょうが、
編み笠をかぶった姿は見ていてもとてもきれいです。

踊る方は27歳ぐらいまでの人ということで、
それ以降になると楽器や歌い手の地方と呼ばれる役割になるそう。
若い方々が(子どもたちまでも)一生懸命になるおわら節、風の盆。
郷土を愛する心が育つのだろうなと羨ましく思います。

風の盆の魅力を探ろうと、夜更けまで頑張るつもりも・・・
雨には勝てず、
(小雨だったので止むかも知れないという期待も捨てきれず、もちろん地元の方々も公民館で雨上がりを待っていましたので)
後ろ髪を惹かれる思いのなか、12時頃諦めて宿に戻りました。

残念だったけど、発表会は見られたし、町内でも少し見られたし、
おわら節の音楽とおどりは感じることができたかな。

それに、食事をした食堂のおばちゃんもお店の奥でおわら節を踊っていて、
踊りを教えてくれました。
おばちゃんも若い頃は踊り子だったのでしょう。
お土産やの老夫婦のおじちゃんも、
「昔は朝一番のバスが出るまで踊ったものだよ。昼間は寝ているんだよ。」
傍にいた奥さん、
「仕事しないで親に叱られたりしてたよね」

お祭りの日だけでなく、月に2~3回公民館で練習するのだそうです。
町全体がおわら節でつながり、次の世代につながっていることがすごい。

そんな話を聞けたことも八尾に来た意味があり。
今度また、夜更けの流しを聞きに来たいものです。
踊りも華やかだけど、寂しさのある楽器の音色、はりのある歌も心に残りました。


日本の道100選に選ばれている道。

百選の道


楽しかったよ、みゅうさんありがとう
                  母子


これで、今年の夏休みは終わりのはずが・・・・3章につづくことに。









スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

パルmama

Author:パルmama
田舎町で元気なパルに毎日癒されているママです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パルママのお部屋カウンター

ご訪問ありがとうございます♪

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード