パルとパルママのほのぼの日記

コーイケルホンディエ犬『パル』の成長日記です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訓練に思うこと

パルは現在、7歳。

1_20150426220647c9f.jpg

訓練士さんとのお付き合いの初めは5カ月の時。
動物病院に行ったとき、あまりにもびびりだったので、
訓練を入れたほうが良いという獣医さんの助言で訓練の先生にお願いしました。
特技をを覚えさせようとしたわけでなく、性格の修正のつもりで始めたのです。
半年もお世話になれば大丈夫かなと始めた訓練生活。
始めてみると、パルが意外と苦労せずに競技の種類を覚えてくれたので、
競技会に参加することに私がはまり、
最終的に(その頃になると、パルは楽しくなかったかも。はじめた頃はとっても楽しそうだったのに。)
JKCの訓練競技グランドチャンピオンを取得。

そこで、訓練はやめようとしました。

でも、訓練に出かけた場でワンちゃんと遊んだり、訓練士の先生と係ってもらうのは好きだし、
私が用事があるとき預かってもらうのも慣れていた方が良いだろうし。
ということで、『選別』という競技をやってみることにして、
また、長い日々が過ぎています。

3_201504262206455f6.jpg


選別という競技にそんなに才能があるわけでもない(だろう)し、
私自身上手になって欲しいという気持ちもあまりなく、
7歳を過ぎてからは、訓練はそろそろ終わりにしようかなという気持ちが常に私の中にあります。


そんな、ある日、訓練士の先生が言いました。

この前の警察犬の訓練イベントの時、パルは他種犬として選別に参加しました。
警察犬になる犬の犬種は決まっています。

シェパード種
ドーベルマン種
コリー種
エアーデール・テリア種
ボクサー種
ラブラドール・リトリーバー種
ゴールデン・リトリーバー種

以上、7種ということで、コーイケルホンディエは警察犬にはなれません。
その警察犬のイベントで、
他の犬種でも選別をしているということで、パルが見本を見せたらしいです。
そして、その時運よく上手にできたらしいです。

先生が嬉しそうに言うには、その時のパルのことが、きっかけとなって、
決められた犬種以外でも才能があれば警察犬になれるという規定が新たにできたの。
但し、3年間という期間が付いているので、その間に実力を表す子が出れば、
みんなに本格的に認めてもらえるようになるね。
一緒に練習している警察犬以外の犬種のオーナーさんがこの話を聞いて喜んでいる。

ということでした。

パルの果たした役割大きいねと言って下さったのですが、運よくということの方が大きいとは思うのですが。

そんな会話のなかで、
訓練止めようかと思うのですがという言葉を今日も飲み込んでしまいました。
そして、訓練の様子を見に行くことにしました。

久しぶりのパルの真面目な顔です。正解。

[広告] VPS


わからなくても、いい加減ではなく、一生懸命探す姿が見られるようになっているので良い傾向だそうです。

[広告] VPS


正解。褒められてうれしそう。

[広告] VPS


練習の後はシェパード犬とたくさん遊びました。

2_2015042622064695b.jpg


止めるか続けるか悩むところです。
毎日のんびり過ごしたいのか、たまには刺激があったほうが良いのか、
パルの気持ちを聞ければ一番良いのですが。












スポンサーサイト

選別のおけいこ

パルの選別の訓練風景。
布での自臭はだいたいできるようになりました。
元気に咥えてきます。

[広告] VPS



選別は布だけでなく、わりばしやビニールでもします。
わりばしになるとわりばし本来の匂いもあるので正解率が落ちるようです。
それも、できるようにならないと競技会には出られません。

[広告] VPS



でも、パルはいつも楽しそうに元気にやります。
あまり悩むことなく作業をします。
慎重さに欠けていませんか。見ているともう少し悩んでもいいのでは?
と、思うのですが・・・どうですか、パル君。
競技として早さはあまり関係ないけど、元気は良いことだと先生は褒めてくれます。
たぶん、訓練というより遊んでもらっていると思っているのでしょう。

競技会に出られるようになるかどうかはわかりませんが、
たまには刺激のある遊びも良いかなと思って今日も遊んできました。


パルと訓練

パルとの服従訓練のことです。

今回は競技に入ったとき、まったくやる気なし。
でも、ほんの数分前リンクサイドで練習していた時のパルは、動きもよく目もきらきらしていたのです。
良い気分で競技に臨んだはずが、リンクに入って定位置についたとたんにしょぼん顔。あれ・・・・
初めの科目脚即行進スタート。
最後のあとへで座っていないパルを見たとき(ありえない行動)、どうしたのと思いました。
そんな内容が続いた今回の競技会。
パルと楽しむはずだったのに何かが違うと競技の間中ずっと思っていました。

服従訓練をどこまでやりたいかなんて目標はまるでなく今までやってきました。
そもそも訓練を始めたのはパルがびびりんだったから。
我が家に来て初めて獣医さんに行った時、あまりにもシャイな仕草にそこの院長先生に訓練を勧められたのがきっかけでした。
社会性を育むための訓練目的だったので6か月ぐらいで終了するつもりでした。
パルが少しできるようになったとき、訓練士の先生から大会というものがあることを聞きました。
その頃の私は大会にだすつもりは毛頭なく、かえってそんな大会に出すことに批判的だったと思います。
○犬に芸をさせるなんてやらせではないか。
○無理強いして、犬がかわいそう。
○そこまでする必要があるのだろうか。
一度も見たこともない競技会のイメージをそんな風に感じていました。
とにかく、ためしに出してみないという先生の誘いで参加した初めての競技会。
先生がだしてくれたのを(さほど興味なく)見に行きました。
その時のパル、嬉しそうに先生と歩いていました。
飛び跳ねるような生き生きとした動き、その様子を見て訓練大会に対する悪いイメージの先入観消滅。
初めての会場での雰囲気も衝撃的だったと思います。
参加している飼い主さん、みなさん犬に対する思いやりが強く、犬も飼い主さんを慕っている。
これは、やらせではなく犬とともに生活を楽しむ手段のひとつかな。
その日から競技大会に対する思いが肯定的になりました。
それなら、訓練士の先生に任せるのでなく自分でしようと指導手parumama誕生。

訓練をすることで犬と向き合います。
        犬の心を知ろうとします。
        犬の体調がわかります。
        触れ合いとなります。
        散歩のとき、遊ぶとき、訓練を混ぜることで変化があります。
そんなことを感じながら、訓練競技を続けてきました。


大会回想録
1歳 
私が慣れてなくドキドキ、パルのほうが落ち着いていた。
あわてん坊ミスはあったけど元気ですねと言われていた。
2歳~3歳を過ぎた頃 
パルの動きは安定していて、出陳するたびにポイントゲット。
3歳4か月
調子絶好調の時、地震があり大会がすべて中止。
4歳
次のシーズンに大会が再開されたとき、雨の日の大会が続き、初めてパルのやる気のない姿を見る。
雨のせいで仕方ないと思ったものの初めて拒否する姿にショック。
私自身慣れてきたうっかりミス(科目飛ばしなど)が出て、なんどかパルの足をひっぱる。
隣のコートのわんちゃんを威嚇しに逃走する。ビックリ。

グランドトレーニングチャンピオン完成。

パルは現在4歳11か月(もう少しで5歳)
4年近く競技会にかかわっていることになります。


服従訓練について訓練士の先生と話し合ったこと
パルにとってリンク内が楽しくないところという気持ちになってきているのではないか。
そうなった理由として考えられることいくつか、
パルの苦手なおじさん(審査員)がふらふらしている。
リンクに入ると私が遊んでくれない、褒めてくれない、おやつもでない。
(確かに私はリンク内で遊んであげるのが下手。先生は競技の途中でも上手に遊んで盛り上げます。)
上手に競技ができるようになると、できて当たり前と思っていたところがあったのではないかなと先生に言われたのも、そうかもしれません。緊張もあり、たんたんと競技種目を進めていました。私の係わり方の問題多しです。
パル自身も回数を重ねるたびにやることがわかってしまい、緊張感が失われてきて集中力がなくなった。
賢いコイケル犬だからこそ成長とともにいろんなことを察していったのですね。


さて、今後ですが、
リンク内が楽しいところというイメージをどう立て直してあげたら良いのか。

   成績は気にしないでたくさんほめてあげながら競技に臨む。
   簡単な内容に参加して楽しむ。
   気分を変えて先生と参加する。
   しばらく止めてみる。
   服従訓練は卒業する。

私が選んだ結果は、大会はしばらくお休みして様子をみる。

その間は、先生の助言もあり、遊んだり選別をしてみようということになりました。
選別はできてもできなくても犬にはさほど負担にはならないし、
物品持来はすでにできるのでルールの理解はできているので良いかなということでした。
(コイケルお仲間さんがしているアジリティも楽しそうで魅力を感じますが(走れる犬も楽しそうですものね))、
練習する場所が近くにないし、なにより私が無理でしょうって言われそうです。)

たくさんの助言ありがとうございました。
パルだけでない悩みだったことに心が軽くなりました。


褒めてのばす

水戸へ出張でした。

パルも連れて行こうかという考えもよぎったのですが、今日の会場は水戸駅周辺のホテル。
立体駐車場であったら(そこで待つのは)さすがにパルもびびるだろうということで諦めました。


帰り道に寄り道した千波湖。
水鳥が寄ってきます。

1_20120312224324.jpg

携帯カメラを向けている私に向かってとことこと・・・
「おいおい、どこまで近づくの??」
私の方がびびっています。

2_20120312224324.jpg

人に慣れているのですね。安心しきっているよ。

こんなのどかな風景を眺めていると、黄門様のお膝元という感じが伝わってきます。
反対湖岸には立ち並ぶビルが見えるのにとっても穏やか。
自然を大切にしているところが良いですね。


4_20120312224323.jpg


しかし、白鳥の首って自由自在。
かゆいところ、どこでも届きそうな便利な首です。
くねくね

続きを読む »

秋です。

今朝も朝日を受けて散歩に出かけます。

まっしぐらに向かうパルの目的は柿の木の下、
落ちた柿をゲットしようという企みです。
食べようとするとき、パルまま登場。
今日も食料獲得失敗に終わったパルでした。

朝日


そんな中、良い香が漂っています。
見上げるとみごとに満開の金木犀
この金木犀は大木です。
おそらく、100年以上は経っていますね。
昔、今は亡き主人の母が「私がお嫁に来たときから同じ大きさだね」と
言ってらしたのでかなり古そうです。

             大木

続きを読む »

プロフィール

パルmama

Author:パルmama
田舎町で元気なパルに毎日癒されているママです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

パルママのお部屋カウンター

ご訪問ありがとうございます♪

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。